2012年10月08日

アウトレット基礎知識(用語)

知っておくと便利なアウトレットの専門用語
割引率の高いものや掘り出し物の陳列棚には、これらアウトレット用語が綴られているケースも。アウトレット用語を知って賢くお得にお買い物を。

■キャリー品
前シーズンに完売できなかった、またはそれ以前から持ち越した在庫品を「キャリー品」と呼びます。流行が大きく変化すると、流行遅れとなり価格下落率も大きいのが特徴です。

■型落ち品
最新のモデルが発表、発売されたため、価値を落とした旧モデルの商品をさします。そうはいっても、マイナーチェンジで都度つど改良が施されるわけですから、本来のバリューはけっして低くないのが一般的です。

■廃番品
メーカーが製造中止したものをさします。なかには、販売店が販売中止をしたものも含みます。流行に左右される商品、デザインや素材の変更によって製造が中止したものも含まれます。レアアイテムとして珍重されることもあります。

■B級品
多少難がある商品をさします。ほとんど素人判断ではわからない程度の小さな傷や汚れでも、B級品となることがあります。製造過程や流通過程でできた傷・汚れがほとんどで、例えば贈答用の化粧箱が型崩れしただけで、本来の商品には影響がないものも含まれます。

■サンプル品
新製品の開発段階で、試作品もしくは展示品として製造したものをさします。実際の商品化では、素材などを変更するなどして販売されるケースも多く、改良前の段階であることもしばしば。

■プロパー品
プロパー店とは正規店のことをさし、フラッグシップとなる旗艦店や専門店、百貨店などで販売されているものをプロパー品と呼びます。正価で売られているため、プロパー価格とも呼ばれます。一般に、アウトレット店で表示される割引率は、このプロパー価格をもとに算出・表示されます。

■今季物
その年の流行を取り入れて製造されたシーズン商品をさします。百貨店などプロパー店での店頭展開が終了してから、アウトレットの店先に出回るのが一般的。近年では、プロパー店からの返品サイクルが短くなっているため、シーズン中でもアウトレットに商品が出回ることも。

■アウトレット専用商品
ファクトリー・アウトレット品とも呼ばれ、アウトレット店での販売向けに、プロパーと同じ工場、もしくは工程、素材などでつくられた専用品をさします。プロパー品と区別するために、ブランドロゴを無表示にしたり、同じ型でもワンランク安い素材を使用する、プロパー品の端切れを利用しているなどの特徴があります。コストパフォーマンスがよく、定番商品が主流。アウトレット店では、プロパー品と並べて販売されるケースもあります。

posted by まゆまゆ at 13:00| Comment(0) | アウトレットモールとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

アウトレットモールとは?


アウトレットモール

アウトレットモールとは、メーカーやブランドのシーズン遅れの商品、廃番品、サンプル品、B級品などの商品を、定価よりも安い割引価格で販売する店舗を集めたショッピングモールのことです。

高級ブランドや人気ブランドの商品を手頃な価格で手に入れることができることから人気を集めています。

アウトレットモールは、1980年代にアメリカで生まれ、日本では1993年に埼玉県入間郡大井町(現・ふじみ野市)にオープンしたアウトレットモール・リズムが1号店です。
現在では、全国に30ヶ所以上のアウトレットモールがあり、テーマパークのような非日常的な雰囲気が味わえるアウトレットモールや、観光地と隣接したアウトレットモールなどもあり、買い物だけでなく、レジャー感覚でアウトレットモールに訪れる人も多く存在します。

アウトレットとは、英語で「はけ口」の意味。

アウトレットには、メーカーなどが自社企画品や自社生産品の直接販売を行う「ファクトリー・アウトレット」と、小売店がメーカーから仕入れた在庫品を販売する「リテール・アウトレット」の2種類があります。

最近では、本来のアウトレットの意味とは異なる、流行などを取り入れた手頃な価格の「アウトレット専売品」を販売するメーカー、店舗もあります。

近年の不景気の影響もあり、少しでも安くて良いものを購入したいという消費者の意識が高まっていることから、アウトレットモールには現在大きな注目が集まっています

このブログでは全国のアウトレットモールをご紹介していきます。
posted by まゆまゆ at 22:54| Comment(0) | アウトレットモールとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。